読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飄々舎

京都で活動する創作集団・飄々舎のブログです。記事や作品を発表し、オススメの本、テレビ、舞台なども紹介していきます。メンバーはあかごひねひね、鯖ゼリー、玉木青、ひつじのあゆみ。

スポンサーリンク

あかごひねひね

【台風で中止?決行?】地元民が教える、祇園祭の穴場スポットと雨対策。【京都おすすめ観光スポット②】

こんばんは、あかごひねひねです。 祝「世界一魅力的な観光都市」2連覇ということで、 友人の青木白が京都紹介記事を書き始めました。しかし、なぜ図書館を紹介する……。この時期、京都といえばもっと、もっとビッグなイベントがあるでしょうが。今の時期、…

【ポエムの条件】第一回研究報告~誰でもポエムを書けるようになるには~

こんばんは。あかごひねひねです。 先日書いた記事 【ポエムの条件】はじめに:ポエムってどう書けばいい? - 飄々舎hyohyosya.hatenablog.com この記事の、ひとまずの研究結果をご報告します。 前回の記事のきっかけは、僕がポエムを書けないということでし…

では僕は、『ゲバルト時代』という本を紹介しましょうか

こんにちは。あかごひねひねです。 タイトルからしてヤバめの本を紹介します。 『ゲバルト時代』 ゲバルト時代 Since1967?1973 (ちくま文庫) 作者: 中野正夫 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2011/02/08 メディア: 文庫 クリック: 3回 この商品を…

【ポエムの条件】はじめに:ポエムってどう書けばいい?

こんにちは。あかごひねひねです。 唐突ですが、ポエムってどうやって書けばいいんでしょうか。 ポエムが書けない Twitter上には、いわゆる「ポエム」を呟く人がけっこういて、それなりに支持を得たりしています。そういうのを見る度に 「俺だってその気にな…

私の頭の中の『となりのトトロ』その2 〜老婆登場の序章・解答編〜

ネタバレ注意 ↑いちおう書いておきます。このブログは『となりのトトロ』という映画のネタバレを含みます。というか、そこが核というか。とにかく、それをご了承ください。まあ、トトロ見たことない人が読んでも1ミリも面白くないと思いますので、未見の方…

私の頭の中の『となりのトトロ』その2 〜老婆登場の序章・脳内編〜

老婆登場の序章 土手を登りきり、視界が開ける。 サツキ「あのうち?」 新居が見える サツキ、メイ、家に走り寄る サツキ「ボロ!」 メイ「ボロぉ〜」 サツキ、メイ、家に走りより、外にせり出した屋根?の白い柱を軸に回ろうとする 朽ちている白い柱が傾く …

私の頭の中の『となりのトトロ』その1 ~家に着くまで・解答編~

採点のルール それでは、今から『となりのトトロ』を実際に見て、脳内編の内容の正しさを検証したいと思います。すでにパソコンにDVDをセットしました。ただ、普通に答え合わせしても面白くありません。なので、点数制にしたいと思います。持ち点は映画全体…

私の頭の中の『となりのトトロ』 その1〜家に着くまで・脳内編〜

オープニング終了~家に着くまで 田んぼの間を走るオート三輪。前の座席に運転手とお父さん。荷台に大量の荷物。そのうちの中を空にした棚の中にサツキとメイ。 BGMなし。エンジン音のみ。 サツキ「お父さん。キャラメル」 お父さん「ありがとう」 サツキ「…

私の頭の中の『となりのトトロ』 ~予告編~

どうも。あかごひねひねです。 突然ですが、僕は幼い頃から『となりのトトロ』をやたら何度も見る子どもでした。トトロが「好き」というより、暇な時はトトロを見るのが半ば条件反射化していたように思います。 そんな幼少時代を過ごしたので、僕の頭の中に…

【おすすめ本】SF短編:筒井康隆『メタモルフォセス群島』に受けた衝撃

筒井康隆 絶版の名著『メタモルフォセス群島』に受けた衝撃

メキメキという擬態語について

僕が気になってるのはね、 あ、申し遅れました。あかごひねひねです。 僕が気になってるのはね、頭角を現したり、実力をつけたりする時の「メキメキ」って音は、どこから出てるか、ってことなんですよ。 「メキメキ」。何の音でしょう。 何かしら硬いものが…

ご挨拶と名前にまつわる話

こんにちは。あかごひねひねです。この度、飄々舎という団体をつくることになりまして、活動の一環としてブログを始めることになりました。そういうわけで、記事を書いています。唐突ですか僕は最近、キリストの使徒由来の欧米人の名前になんとなーく、興味…