読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飄々舎

京都で活動する創作集団・飄々舎のブログです。記事や作品を発表し、オススメの本、テレビ、舞台なども紹介していきます。メンバーはあかごひねひね、鯖ゼリー、玉木青、ひつじのあゆみ。

スポンサーリンク

【よまいでか】リクエスト大募集!

「よまいでか」とは、みなさんからリクエストを頂いた本について読書人間「かみしの」が書評のような感想のようなものを書いていく企画です。 そこで、かみしのに感想を書かせたい本を大募集! この記事のコメント欄に著者名とタイトルをコメントして下さい…

第六回よまいでか『邂逅の森』

こんにちは。 今年はどんな一年でしたか。あけましておめでとうございます。もうすぐ一月も終わりますね。なんて、いろいろな書き出しを考えていたのですが、ずるずるとさぼってしまって、そうとう久しぶりの更新になってしまいました。 エゴサすると「まい…

第五回よまいでか『肉体の悪魔』

早熟の天才をあげたら枚挙にいとまがない。 文学・小説の分野にしぼったとしても、ランボー、久坂葉子、知里幸恵、石川啄木、果ては乙一にいたるまでよりどりみどりだ。 三島由紀夫や太宰治が子供のころに書いた小説を読んでみても、今のぼくでも書けないく…

第四回よまいでか『夜は短し歩けよ乙女』

八月も八月。なんといっても夏真っ盛りである。読者諸兄におかれましてはBBQに海水浴に破廉恥極まりなく東奔西走し、織姫と彦星とついでにデネブすらもどきどきあわあわ顔を紅潮させるような逢瀬を交わしていることと思われる。 今回は森見登美彦『夜は短し…

第三回よまいでか『魔女がいっぱい』

こんにちはかみしのです。 おひさしぶりの更新です。 今回は第三回、ロアルド・ダール作『魔女がいっぱい』です。 魔女がいっぱい (ロアルド・ダールコレクション 13) 作者: ロアルドダール,クェンティンブレイク,Roald Dahl,Quentin Blake,清水達也,鶴見敏 …

ブックトーク大喜利最終回【「よまいでか」始動記念読書放談 その4】

この記事は以下の記事の続きです。 hyohyosya.hatenablog.com hyohyosya.hatenablog.com hyohyosya.hatenablog.com かみ:収集つかないから次ラストにしよう あか:いいですよ かみ:最後のお題は二人で作ろうよ。「〜の〜が〜な小説」 あか:じゃあまずかみ…

第二回よまいでか『世界の終わり、素晴らしき日々より』

こんにちは、かみしのです。 第二回、『世界の終わり、素晴らしき日々より』です。 世界の終わり、素晴らしき日々より (電撃文庫) 作者: 一二三スイ,七葉なば 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス 発売日: 2012/09/07 メディア: 文庫 購入: 1人 ク…

もはやブックトーク大喜利【「よまいでか」始動記念読書放談 その3】

この記事は以下の記事の続きです。 hyohyosya.hatenablog.com hyohyosya.hatenablog.com 〜〜新しいお題設定〜〜 かみしの:いったん感情から離れて次のお題は……ウーロン茶みたいな本! あかひね:ウーロン茶みたいな本!?(笑)新しい方向に来たぞ かみし…

第一回よまいでか『王妃の離婚』

こんにちは、かみしのです。 ぼくはとてもうれしいです。 対談で、うっかり『大菩薩峠』の話をしてしまったので、しょっぱなから記事更新が3年後とかになるんじゃないかと思っていたので。 他にも『失われた時を求めて』とか『特性のない男』とか『灼眼のシ…

お題に沿って本紹介!【「よまいでか」始動記念 読書放談その2】

前回の記事↓ hyohyosya.hatenablog.com あかひね:はい、再び始まりました かみしの:というわけでね、世界はクソなんですけども あかひね:大分話が脱線しちゃいましたが、さっきのズッコケの話、割と面白かったと思うんですよ。お互いが自分の読んできた本…

新企画「よまいでか」開始記念、読書放談

ご挨拶 どうも。あかごひねひねです。この度、飄々舎のブログで新しいメンバーが新しい企画を始めることになりました。企画名は「よまいでか(仮)」。やってくれるのは、僕の読書の師匠(先日一方的に弟子入りした)の「かみしの」氏です。 新企画とはいっ…