読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飄々舎

京都で活動する創作集団・飄々舎のブログです。記事や作品を発表し、オススメの本、テレビ、舞台なども紹介していきます。メンバーはあかごひねひね、鯖ゼリー、玉木青、ひつじのあゆみ。

スポンサーリンク

【ポエムの条件】はじめに:ポエムってどう書けばいい?

あかごひねひね ポエムの条件

こんにちは。あかごひねひねです。

唐突ですが、ポエムってどうやって書けばいいんでしょうか。

 

ポエムが書けない 

Twitter上には、いわゆる「ポエム」を呟く人がけっこういて、それなりに支持を得たりしています。そういうのを見る度に

 

「俺だってその気になれば」

 

と、自分でもポエムをひねってみたくなるんですが、これがなかなかどうして難しい。

それらしきものを作ってはみるんですが、何かが違う。なんかポエムっぽくない。

そう、そうなんです、僕が作ると、内容の出来不出来以前に「ポエムっぽさ」が圧倒的に足りないのです。

 

悔しいです。なんとか「ポエムっぽさ」を手に入れたい。

 

「ポエムっぽさ」

「ポエムっぽさ」とは僕らが普段ツイートや文章のどこを見て「ポエムだな」と判断しているかの、その判断基準であるといえます。

 

これを解明すれば、「ポエムっぽい」ポエムが作れるようになるだけでなく、逆に「牛丼屋で大盛り頼んだけど食べきれなくて残してしまった」みたいな詩的要素皆無な内容でも、「ポエムっぽく」改造することが可能になるかもしれません。

 

と、いうわけで、このブログ上で僕は「ポエムっぽさ」の研究を始めたいと思います。

 

お願い

そこで皆さんにお願いがあります。データ収集のために、あなたが知っているTwitterのポエムアカウントを教えてください。

 

僕はあまりTwitterポエム界隈に詳しくないですし、僕以外の人が「ポエムだな」と思うアカウントを検証することで、恐らくそれらの共通点として明らかになる「ポエムっぽさ」が僕一人の判断で選んだアカウントだけで検証するより一般的なものになると思うのです。

 

あなたが知っているポエムアカウントのツイッターIDを、このブログのコメントにお願いします。

 

次回以降、このシリーズの記事では、紹介されたアカウントと、僕が知っている数少ないポエムアカウントのツイートを検証し、その共通点から「ポエムらしさ」の具体的な内容をあぶりだしていきたいと思います。

 

情報求む!

広告を非表示にする