読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飄々舎

京都で活動する創作集団・飄々舎のブログです。記事や作品を発表し、オススメの本、テレビ、舞台なども紹介していきます。メンバーはあかごひねひね、鯖ゼリー、玉木青、ひつじのあゆみ。

スポンサーリンク

【Twitterアンケート】西野カナ『トリセツ』の歌詞を一項目ずつアンケートにしてみた(アンケート結果その2)(完結編)

どうも。あかごひねひねです。西野カナ『トリセツ』に人々はどれくらい共感しているのか?

 トリセツアンケート、後半の結果です!

( この記事は以下の記事の続きです)

hyohyosya.hatenablog.com

hyohyosya.hatenablog.com

 

第四項目

恋人になんでもない日のプレゼントを期待している。花など(センスは大事)や手紙が望ましい」

①(自分編) 

②(彼氏彼女編)

 

女性票

①そんな女よ…27% そんな女じゃない…73%

②そんな彼氏でもいい…39% そんな彼氏は嫌だ…61%

 

男性票

①そんな男だ…19% そんな男じゃない…81%

②そんな彼女でもいい…32% そんな彼女は嫌だ…68%

 

第四項目は以上のような結果になりました。①の結果を見ると男性、女性共に自分はそんな女/男じゃないと感じている人が過半数を占めています。しかし、②の答えを見ると、何でもない日にプレゼントが欲しい、と期待している彼氏/彼女を許容する人の割合は、男女ともに「自分はそんなタイプじゃない」と答えた人の割合を上回っています。

回答者は同一メンバーではないのですが、あえてそれを無視して数字だけで見ると、自分は何でもない日にプレゼントを欲しいとは思わないけど、そういうのを欲しがる彼氏/彼女はアリという層が一定数いるということになります。

 

第五項目

泣いている時、恋人には自分の涙をぬぐって抱きしめてほしい」

①(自分編)

②(彼氏彼女編)

 

女性票

①そんな女よ…71% そんな女じゃない…29%

②そんな彼氏でもいい…73% そんな彼氏は嫌だ…27%

 

男性票

①そんな男だ…49% そんな男じゃない…51%

②そんな彼女でもいい…79% そんな彼女は嫌だ…21%

 

第五項目もなかなか興味深い結果が出ました。①の質問を見ると、回答した女性の7割が泣いている時は恋人に涙をぬぐって抱きしめて欲しいと思っているようです。対して、男性は男のプライドからか、そのように思っている割合は女性に比べると少なく、約半数にとどまっています。

しかし、面白いのは②の結果で、そのような彼氏でもいいと回答している女性は73%にのぼり、男性の「そんな男だ」の割合を上回っています。男性のおよそ半分しか涙をふいて抱きしめて欲しいと思っていないのに対し、そんな彼氏でもいいという女性が7割弱。男性はもう少し女性に甘えても許されるのかもしれません

ちなみに男性が「そんな彼女でもいい」と答えた割合は8割。女性のみなさん、安心して彼氏の前で泣きましょう。

 

第六項目

 「恋人にたまの旅行の企画、記念日のオシャレなディナー及びその際の魅力的な振る舞いを期待している」

①(自分編)

②(彼氏彼女編)

 

女性票

①そんな女よ…47% そんな女じゃない…53%

②そんな彼氏でもいい…51% そんな彼氏は嫌だ…49%

 

男性票

①そんな男だ…24% そんな男じゃない…76%

②そんな彼女でもいい…49% そんな彼女は嫌だ…51%

 

①の結果を見ると、回答者の女性のうち恋人に旅行やディナーやかっこいい振舞いを求めている割合は、半数に少し足りないほどでした。これを多いとみるか少ないとみるかは微妙なところですが、そのようなことを女性に求める男性の割合と比べると、格段に高いです。これも男のプライド的なものの影響ががあるような気がします。

しかし、女性の方は意外とそういうことを期待する男性を許容しているようで、②でそんな彼氏でもいいと答えた女性の割合は52%と、わずかながら自分がそんな女だと答えた人の割合を上回りました。

さらに、男性の方の②の結果を見ると、そんな彼女でもいいと答えた割合が49%です。誤差の範囲ともとれますが、あえて面白くなるように見るなら、恋人が自分に旅行の企画やおしゃれなディナーやその際の素敵なふるまいを期待していることを許容する割合は、男性よりも女性の方が高い、という結果になっています。

 

第七項目

「恋人が広い心と深い愛で自分の全てを受け入れることを期待している」

①(自分編)

②(彼氏彼女編)

 

女性票

①そんな女よ…60% そんな女じゃない…40%

②そんな彼氏でもいい…62% そんな彼氏は嫌だ…38%

 

男性票

①そんな男だ…51% そんな男じゃない…49%

②そんな彼女でもいい…59% そんな彼女は嫌だ…41%

 

最終項目の結果です。まず①の結果ですが、恋人が自分の全てを受け入れることを期待している割合は、女性回答者で6割、男性回答者で5割という結果でした。

②の結果を見ると、そんな彼氏でもいいと答えた女性は、自分もそうだと答えた割合とほぼ変わらない62%。男性の割合は59%でした。やはり男性は自分は恋人に全てを受け入れて欲しいとは思っていなくても、恋人がそういうことを期待しているのは別によいと考える傾向が若干あるようです。

しかし、見方を変えると、女性の②の「そんな彼氏でもいい」の割合は男性の②「そんな彼女でもいい」の割合をわずかに超えています。

女性の6割が恋人に全てを受け入れて欲しいと考えていると同時に、恋人が自分に対して全てを受け入れることを期待している状態を嫌がっていない割合も6割。このアンケートの解答に限っていうと、女性の6割が恋人に全てを受け入れられることを望んでいると同時に、同じく6割が恋人から全てを受け入れることを望まれてもよいと考えているようです。

 

全体の感想

まず最初に、このアンケートをとる前に疑問だった「男性もトリセツの歌詞に共感できるのか?」という問いに関しては「項目にもよるが基本的に難しい」という結論を出したいと思います。やはりトリセツは女性の向けて書かれた歌詞。男性の共感は総じて女性よりも低めでした。

それ以外について、アンケート全七項目を全て見た上で印象的だったのは、「恋人に~を期待している」というような項目において、恋人から何かを期待されてもよいと考える女性の割合が思いのほか多かったということです。

「トリセツ」の歌詞は基本的に女性に向けて作られているので、女性は共感する・男性はそんな彼女でもよいと考える、という傾向が出るかと思われましたが、「~を期待している」という項目に関して、女性は歌詞の内容に共感すると同時に彼氏が同じようなことを自分に期待することも許す、という傾向が強かったように思います。「~を期待している」の項目において「そんな女よ」「そんな彼氏でもいい」の解答の割合が「そんな男だ」「そんな彼女でもいい」の解答の割合を上回る、というケースがいくつかありました。

僕はこの結果から、女性は恋人に期待すると同時に期待されたい願望も持っており、男性よりも恋人同士の深い関係性を望んでいる傾向にあるのではないか、と考えましたが、どうでしょう。

 

最後に

このトリセツアンケートの結果はツイートとして公開しているものですので、興味を持った方がツイッター、ブログ等で引用されることは一向にかまいません。お好きなように使って下さい。ぜひみなさんなりの考察を教えてください。

で、その時にこのブログのリンクなんか、ちょこっと貼って頂ければ幸いです。

別に貼ってもらえなくてもいいです。

 

それでは、また。

 

 

トリセツ

トリセツ

 

 

 

 

広告を非表示にする