読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飄々舎

京都で活動する創作集団・飄々舎のブログです。記事や作品を発表し、オススメの本、テレビ、舞台なども紹介していきます。メンバーはあかごひねひね、鯖ゼリー、玉木青、ひつじのあゆみ。

スポンサーリンク

私の頭の中の『となりのトトロ』その2 〜老婆登場の序章・解答編〜

ネタバレ注意

 ↑いちおう書いておきます。このブログは『となりのトトロ』という映画のネタバレを含みます。というか、そこが核というか。とにかく、それをご了承ください。まあ、トトロ見たことない人が読んでも1ミリも面白くないと思いますので、未見の方はまず

 

となりのトトロ [DVD]

となりのトトロ [DVD]

 

 

↑ DVDを買いましょう。その後、この記事を読んでください。ブログは逃げません。ふふ、上手い誘導でしょう。めざせアフィリエイター。

 

というわけで、どうも、あかごひねひねです。

僕が記憶している『となりのトトロ』のストーリーがいったいどれほど正確なのかを検証する「私の頭の中の『となりのトトロ』」企画、第二回の回答編をお送りします。前回より長いんですけど、飽きないでくださいね。では、まずはルールの確認から。

ルール確認

・シチュエーション間違い -0.5点

・重大なセリフ忘れ・間違い -1点

・軽微なセリフ忘れ・間違い -0.5点

・5文字以下のごく軽微なセリフ忘れ・間違い 減点なし

・セリフを完全に憶えていた +0.2点

 

補足すると、だいたいセリフ以外に関する間違いは全て-0.5、セリフ間違いは一つしかない重要な長いセリフを間違えた場合のみ-1、あとは基本-0.5で考えています。また、五文字以下のセリフでも二つ連続して間違えた場合は-0.5しています。

 

それでは、回答編です。今回はね……ひどいですよ。

 

 老婆登場の序章・解答編

 

土手を登りきり、視界が開ける。(←OK)

 
サツキ「あのうち?」(←OK +0.2)
新居が見える(←OK)
 
サツキ「はやくー」(セリフ忘れ 減点なし。以下、5文字以下のセリフ忘れは記述省力)
 
サツキ、メイ、家に走り寄る(←OK)
 
サツキ「(うわあ)ボロ!」(←OK)
メイ「ボロぉ〜」(←OK +0.2)
サツキ「お化け屋敷みたい!」(←セリフ忘れ -0.5)
メイ「お化け?」(←セリフ忘れ 減点なし)
 
サツキ、メイ、家に走りより、外にせり出した屋根?の白い柱を軸に回ろうとする(←OK)
朽ちている白い柱が傾く(←OK)
びびったサツキ、慌てて白い柱の傾きを戻す。(←OK)
サツキ、柱を少し押してみる。(←OK)
上から朽ちた木くずが落ちてくる。(←OK)
 
サツキ「腐ってる」(←OK +0.2)
 
サツキ、(メイ)、面白くなって柱をどんどん揺らす。(←OK)
木くず、どんどん落ちてくる。(←OK)
サツキ、メイ、興奮。(←OK)
メイの頭に横に)割とでかめの柱の一部が落ちてくる。
面白さがピークに達したサツキ、メイ、家の周囲を笑いながら走り回る。(←OK)
 
メイ「壊れる〜壊れる〜」(←OK +0.2)
 
サツキ、意味なく前転(←OK)
メイ、前転しようとするも上手く出来ず(←OK)
 
サツキ「あわわわわわ〜(インディアンの真似)」(←OK セリフではないので加点無し)
 
サツキ「メイ、見てごらん」(←セリフ忘れ -0.5)
サツキ「ほら」
 
サツキ、メイ、裏の大きな木を見上げる。(←シーン忘れ -0.5)
 
サツキ「大きいねえ」(←セリフ忘れ -0.5)
メイ「いくしっ(くしゃみ)」
 
お父さん、雨戸をあけている。
 
サツキ「お父さん、すごい木」(←セリフ忘れ -0.5)
お父さん「ああ、クスノキだよ」(←セリフ忘れ -0.5)
サツキ「クスノキ!」
メイ「クツノキ!」(←↑セリフ忘れ -0.5)
 
サツキ、メイ、縁側の方に来る。奥は和室。(←OK)
サツキ、畳の上にどんぐりを見つける。(←OK)画面が一瞬どんぐりのどアップになる。(勘違い -0.5)
 
サツキ「どんぐり」(←OK +0.2)
 メイ「ふわあ、見せて!」(セリフ忘れ -0.5)
サツキ、膝立ちで和室に入り、どんぐりを拾いに行く。(←OK)
どんぐりを拾うと別のどんぐりを見つける。(←OK)
 
サツキ「こっちにもたくさん(あ、また)
 
メイ「あ、あ」(←OK +0.2)
 
メイ、靴を脱いで上がりたいが、靴が脱げない。足をバタバタさせる。(←OK)
どんぐりが上から落ちてくる。(←OK)
 
メイ「あった〜」(←OK +0.2))
お父さん「こらこら、雨戸が開けられないじゃないか」(←OK +0.2)
メイ「どんぐり」(←OK +0.2)
サツキ「(部屋)の中にどんぐりが落ちてるの」(←OK)
メイ「上から落ちてきたよ」(←OK +0.2)
お父さん「リス……でもいるのかな?」(←OK +0.2)
サツキ、メイ「リス!」(←OK)
お父さん「それとも、どんぐり好きのネズミかな」(←OK +0.2)
サツキ「えー」(←OK +0.2)
メイ「メイ、リスがいーい」(←OK +0.2)
オート三輪の運転手の運転手「これ、どこへ運びますー?」(←OK +0.2)
お父さん「あ、ここ(へ)今開けます」(←OK)
お父さん「サツキ、裏の勝手口を開けて。行けばすぐわかるよ(サツキ、メイに風呂場の窓を開けるように指示。セリフ思い出せず)」(←セリフ忘れ -0.5)
 
サツキ、メイ、家の周りを走りながら風呂場勝手口を探す。
一度通り過ぎるが、戻って戸に鍵を差し込む。(←OK)
戸を開けた瞬間、室内のまっくろくろすけが一気に動いていなくなる。(←OK)
サツキ、メイ、ビビる。(←OK)
 
サツキ「わーーーーーーーー!!!」(←OK)
メイ「わーーーーーーーー!!」(←OK)
サツキ「いくよ」
メイ「うん」(←↑場面間違い -0.5)
 
サツキ、前に出る。メイついて入る(←OK)
サツキ、メイ、勝手口付近を探索。(←シーン忘れ -0.5)
 
メイ「お風呂」
サツキ「うん」(←↑セリフ忘れ -0.5)
サツキ「いないねえ」
メイ「うん」(←↑セリフ忘れ -0.5)
 
室内から後ろにお父さん登場
 
お父さん「そこはお風呂だよ」(←セリフ忘れ -0.5) 
 サツキ「お父さん、ここに何かいるよ」(←セリフ忘れ -0.5)
お父さん「リスかい?」(←セリフ忘れ -0.5)
サツキ「わかんない。ゴキブリでもないネズミでもない、黒いのがいーっぱいいたの」(←セリフ忘れ -0.5)
お父さん「ふうん」
 
お父さん、風呂のふたを開けるなどしして、探索。(←シーン忘れ -0.5)
 
お父さん「どうしたんだい?」
サツキ「(まっくろくろすけのことを話す。セリフは忘れた)」
お父さん「はー、そりゃ、まっくろくろすけだな」
サツキ「まっくろくろすけ?絵本に出てた?(←セリフ忘れ -0.5)
お父さん「そうさ。こんな良いお天気にお化けなんて出るわけないよ」(←セリフ忘れ -0.5)
お父さん「明るいところから急に暗いところに出ると入ると、目が眩んでまっくろくろすけがでるのさ」(←OK)
 
(この後のシーン記憶なし。少し飛ばします。)
 
サツキ「そっか」
サツキ、メイ「まっくろくろすけ出ておいでー、出ないと目玉をほじくるぞー♪」(←歌忘れ -1)
 
まっくろくろすけが足元を通る(←シーン忘れ -0.5)
 
サツキ、メイ「あははははははははははははは」(←シーン忘れ -0.5)
 
お父さん「さ、仕事仕事。二階に上がる階段は、一体どこにあるでしょーか」
 
サツキ、メイ、色めき立つ。(←OK)
 
お父さん「階段を見つけて、二階の窓を開けましょう」(←OK +0.2)
サツキ「はーーい!」
メイ「あ、メイも!」(←セリフ忘れ -0.5)
 
サツキ、メイ、家中を走って探し回る。(←OK)
扉などを開けては「あれー?」「ない!」と言う。(←OK)
メイは一度トイレの戸を開けて「お便所!」と言う。(←OK)
二階への階段の戸を見つける。(←OK)
 
サツキ「メイ、あったよー」(←セリフ忘れ -0.5)
 
階段の上は暗くて見えない。(←OK)
 
サツキ「真っ暗だね」(←セリフ忘れ -0.5)
メイ「まっくろくろすけ……」(←セリフ忘れ -0.5)
 
上から何か光るものが落ちてくる。(←OK)
サツキ、キャッチ。どんぐりだった。(←OK)
 
メイ「どんぐり」 
サツキ「行くよ」(←シーン間違い 減点済み)
サツキ、メイ「まっくろくろすけ出ておいでーーーーーーーー!!!!」(←セリフ忘れ -0.5)
 
小さなざわめきが聞こえる(←シーン忘れ -0.5)
 
サツキとメイ、階段を上り始める。(←OK)
 
サツキ「わーーーーーーーーー!!」(←OK)
メイ「わーーーーーーーーー!!」(←OK)
 
暗い部屋に顔だけ出して叫ぶ。(←OK)
 
サツキ「まっくろくろすけさーん、いませんかー?」(←OK +0.2)
 
まっくろくろすけ、背後を通る。(←シーン忘れ -0.5)
 
サツキ、一気に窓まで走り、雨戸を開けて光を入れ、後ろを振り向く。(←OK)
メイもサツキの後ろを走り、まっくろくろすけが壁の穴に大量に入るのを目撃する。(←シーン忘れ -0.5)
サツキ、窓の下を通ったお父さんに声をかける。(←OK)
サツキ「お父さーん、このうちやっぱり何か居るー」(←OK +0.2)
お父さん「それはすごいぞー、お化け屋敷に住むのが(子どもの時から)お父さんの子供の頃の夢だったんだー、あーーーっっとぉ!!」(←OK)
サツキ「わ、大変」(←OK +0.2)
 
サツキ、階段を下りる。(←OK)
メイ、壁の穴を見つめる。そこで何かが動いている気がしたから。(←OK)
メイ、壁の穴に指を入れてみる。(←OK)
途端に大量のまっくろくろすけが飛び出し、反対側の天井と壁の間に逃げ込み、見えなくなる。(←OK)
しかし一匹だけあぶれて、部屋の中をふわふわ漂う。(←OK)
メイ、手を打つようにして、そのまっくろくろすけを捕まえる。(←OK)
 
メイ「とった!お姉ちゃーん!」(←OK +0.2)
 
メイ、階段を急いで下りる。廊下を曲がったところで青いストライプの人物にぶつかる。(←OK)
その人物がメイの方を向く。それは見知らぬ老婆だった。(←OK)
 

最終点数 94.7→84.2

 やってしまった。-12.5の大減点です。ちなみに本編開始13分です。

 
勝手口を開けるくだりが階段を探すくだりと頭の中で混ざって、記憶がおぼろげだったのが敗因かと思います。
あと、全体通して「まるごと忘れているシーン」が割とあって、そこは字が真っ赤になってましたね。これも大幅減点の原因の一つです。
意外と憶えてないものだなあ。
 
あと、関係ないですけど
 
サツキ「あわわわわわ〜(インディアンの真似)」
 
とか、活字にすると狂気じみてますよね。
 
次回からはトトロの名物サブキャラ、裏のおばあちゃんが登場です。
更新日時は未定ですがじわじわ進んでいきますよ。
 
それではまた次回。
 
シリーズリンク↓

hyohyosya.hatenablog.com

hyohyosya.hatenablog.com

hyohyosya.hatenablog.com

hyohyosya.hatenablog.com

広告を非表示にする